前回、書いた記事

※重要※面接対策 新卒・転職者用

の続編を書こうと思います。

面接の最後に必ず聴かれる「何か質問はありますか?」という質問。

これには【質問してはいけない質問】が明確に存在します。
その理由と、逆に質問した方が良い質問の記載が今回の本題です。

では、早速・・・

①そもそも面接の最後の質問タイムが必ずある意味とは・・・

新卒での就職活動でも、転職での就職活動でも等しく面接の最後に、

「質問は何かありますか?」

と聞かれます。

何故この様な質問をするかと言うと、>企業が面接者に対して本当に入社の【意欲】があるかどうかを判断するためです。

<ins>傾向として、入社の意思が強い人ほど、質問が具体性を増してくること
また、真剣に考えてる人ほど、会社を辞めにくい等</ins>

企業としてはこの質問をするだけで、非常に多くの情報を収集することが出来ます。

ですので、面接者の真意を探るためにも必ず「最後に質問はありますか?」と聴かれるわけです。

②質問の良し悪し

結論から言うと

良⇒確認型質問
悪⇒丸投げ質問

となります。

では、一つずつ説明していきましょう!

確認型質問とは・・・
【自信で調べた内容について仮説を立て、それについて質問を行う】方法のことを言います。
もっと具体的に言うと例えば、

「第4次産業革命が起こると言われておりますが、御社もIOT技術を取り入れた家具家電を販売するのでしょうか?」

上記の様な質問となります。
この様に、質問では仮設⇒検証のための質問という一連の流れを覚えておいてください。

この質問をすることで面接官は、良く調べているという印象を持ってくれます。
また仮に仮説や質問内容が間違っていたとしても、そこから話が膨らみ、次回面接で使える有益な情報が出てくる場合もあります。

では逆に投げっぱなしの質問とは・・・

【質問の意図が分からない質問】になります。

例えば、
・業務の流れを教えてください。
・経営方針は何ですか?
・研修制度について教えてください。等・・・

例に出せば切りがありません。

この様な質問をしているだけで意味の無い質問は、面接官の不信感を煽るだけなので絶対に注意です!!

また、
・入社までにやっておいた方が良いことは?
・どういう人が社内で成功してますか?
等の>相手に答えを求めるような質問も御法度です!!

社会人たるもの常に自己研鑽!
こんな質問をしたら即不採用です。
③今日のポイント

質問を考えるときのコツは、その企業で働いているイメージを持つことです。
すると自然に質問が具体的になってきますし、仮に質問内容が間違っていたとしても面接官に取っては好印象であることには変わり在りません。

自信を持って質問してください。

また、質問内容が覚えられない場合、メモを取りたいということを口実にノートを出しましょう!
社会人の基本はメモを取ること!
面接でメモを取る癖があることをアピール出来ると同時に、考えてきた内容の質問もしっかり出来るので、一石二鳥です!
終わり良ければ全て良し

という言葉がある通り、面接の中盤がダメでも最後で巻き返すことは十分に可能です!

皆さん、最後まで諦めずに自信をアピールしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です